ホクレン“農”感塾 なるほど農業体験レポート1

ごはんのおいしさや大切さ、農業の達人が教えてくれたよ!

2008年の第1回目は江別市で「田植え」を体験!「こめまる」がその様子をお知らせしま〜す!

僕が案内するよ!

はだしで田んぼ、気持ちいいー!

雨にも負けず江別市へ出発〜!「やまもと農園」で田植え体験だ!

待ちに待った田植えツアーは、5月25日。でも残念なことに札幌は朝から雨…。それでも約40人の親子が集ってくれました。それでは、農協観光(Nツアー)のバスに乗って江別市へ出発〜!「やまもと農園」に到着して、まずは山本さんと、お手伝いしてくれる江別市役所の方々、地元の大学生のみなさんにごあいさつ。「やまもと農園」で田植え体験だ!田植えのコツも実演してもらったよ。「土の盛り上がってるところに植えるんですよ」とカンタンそうに教えてくれました。さすがおみごと!そしていよいよ田んぼへ!はだしでそ〜っと入ったみんなの「水が冷たい〜」「すべる〜」って声は、だんだん「あったかくなってきた」「気持ちいい〜」という声に。転んで泥だらけでも笑顔!笑顔!お母さんも「子供のころ田んぼで遊んだのを思い出しました」と楽しそうでした。

田んぼの生きものとコンニチハ!お米の精米も見学したよ。

田植えの後は、山本さんたちが集めてくれたドジョウとご対面!みんなおっかなびっくり手をタライの中へ。勢いよく飛び出すドジョウもいて、さあ大変!飼ってみたい子は、ビニール袋に入れてもらいました。
お米を使ったお菓子の「どん」作りも実演。じーっと待っていると「ドーン」と大きな音!そしてモクモクの煙!するとなんとお米がお菓子に大変身!精米したてのお米は、あったかい!面白いね〜。お米の精米も見せてもらいました。稲を籾(もみ)とわらに分け、籾(もみ)すりしたのが玄米。これを精米すると、毎日食べてる白いお米になるんだよ。山本さんからのおみやげは、バケツ稲セット。みんな、大切に育てよう!

ドジョウを、逃がさないでね〜!

山本さんに聞きました!

田んぼに来たこと、ごはんを食べる時に思い出してね。

お米のことならな〜んでも知ってる山本さん。農業体験の活動をはじめたのは、学校に出前授業に行って、とっても楽しかったことがキッカケなんだって!農作業は忙しいけど、今日のように農業体験でやってくる人たちに会うと、元気が出るって言ってもらったよ。「ここへ来た人たちが、家でごはんを食べる時、田植えに行ったこと、そこで感じたことを思い出してくれるとうれしいですね」。みんなも今日のこと、山本さんのこと、ず〜っとおぼえていてくれるかなぁ。

お米のことは山本さんにおまかせ!

ドーン!

親子で料理って楽しいね

次は「鶴見農場」でアスパラの収穫!お昼はおにぎり&野菜の串揚げづくり!

次は、「鶴見農場」でアスパラの収穫とお昼ごはん。グリーンアスパラの畑では、土からニョキっとのびたアスパラがズラーっとお待ちかね!みんな真剣に選んでいました。刃物を使って収穫する時には、よーく注意しようね〜。
お昼ごはんは、「ふっくりんこ」「古代米入りおぼろづき」のおにぎりと、鶴見さんの畑でとれたアスパラなどの串揚げ作りにチャレンジ!うどの芽やパセリ、アスパラ菜の天ぷらや、豚汁もおいしそう〜!お料理を教えてもらって「ありがとう!」って声が聞こえてきたよ。そうそう、感謝する気持ちが大切なんだよね〜。

おいしく食べながら、鶴見さんのお話を聞いたよ!

自分たちで作ったものはおいしいね

みんなで「いただきま〜す!」。ふだんは野菜がキライな子も、自分で作った串揚げは「おいしい〜!」って残さないで食べられたよ!お母さんたちも2種類のおにぎりを「ふっくりんこは、やわらかいですね〜」「古代米入りも珍しい」って、じっくり食べくらべていました。鶴見さん一家は農業一家!
鶴見さん一家は、4世代の農業一家なんだって。お母さんにお話を聞くと「家族みんなや、まわりの協力があるから、農業体験の活動も楽しみながらやっています」。笑顔がイキイキ、ステキなご家族でした!

帰りは温泉でリラックス。おみやげいっぱい!お疲れさま〜!

温泉に寄って、ひと休みしてから札幌へ。無事到着して、バケツ稲セットやドジョウを手にしたみんなは、とても満足そうでした。農業がぐっと身近になったこの日をきっかけに、毎日の食卓がもっと楽しくなりますように!

また来てねー!バイバーイ

また来てねー!バイバーイ

| “農”感塾 TOP | レポート1 | レポート2 | レポート3 | レポート4 | レポート5 | レポート6 |