ホクレン“農”感塾 なるほど農業体験レポート5

お米は収穫してからも大変ってホント!? 白いお米ができるまでを追いかけろ!

今回は、江別で稲刈りを体験!楽しい1日を「いねまる」がレポートします。

オレについて来て!

ご使用のFLASH PLAYERでは正しく動作しません。
最新のFLASH PLAYERでご覧いただくことを推奨いたします。

今回はその時の映像が見られるよ!

はやく食べたいね

そろそろ、稲刈りシーズン。トウモロコシも大収穫!

9月の半ばにもなると、道内でもあちこちで稲刈りが始まっています。第1回目(5月)の体験でみんなが植えたお米もそろそろ、というわけで、9月27日、江別の山本さんの田んぼへ出発!
その前に、トウモロコシも収穫できるということで、途中、清水さんの畑にもおじゃましました。あっ!トウモロコシが倒れてる!数日前の強風で、倒されてしまったのです。もったいないけど、これも農業。野菜をおいしくするのも自然だけど、きびしい面もあるんだね。それでもトウモロコシはまるまると実って、収穫はたっぷり楽しんだね。

おいしく実ったかな。それっ、稲刈りだー!

いよいよ、田んぼへ!バスを降りると、いちめん黄金色。しっかりと実った稲穂がおじぎをして、みんなを出迎えてくれました。「今年は豊作ですよ」と山本さん。さっそく、カマを持って稲刈り開始!「茎を株ごとつかんで、カマをギコギコと引いて刈るんだよ」。サック、サック。みんな、なかなか上手!
土から茎が伸びて、そこにお米の実がなって。大豊作!実際に手で触れてみると、お米もやっぱり土に育てられていることがよく分かるね。だから山本さんは、土をとっても大事にしているの。お米をとったあとの稲わらを肥料にして、化学肥料はできるだけおさえているんだ。

なかなかいいぞー!

バラバラバラいい音!

お米って、収穫しても、まだ食べられない!?

次は脱穀(ダッコク)!稲からお米の実をはずすんだ。道具のなかでもひときわ目をひいたのは、昭和30年代の足踏み式脱穀機。足踏みミシン(お母さんに聞いてみよう!)のようなペダルを踏んでトゲトゲ部分を回し、そこへ実をひっかける仕組みなんだけど、これがけっこうムズカシー!ほらほら、しっかり踏まないと止まっちゃう!あっ、逆回し!からまったー!でも、お兄さんたちのサポートで、なんとかみんなクリアできたね。
実際の稲刈りと脱穀は、コンバインという大きな機械1台でやっているんだって。それにしても、お米って、野菜とはちがって、収穫しただけでは食べられないんだね。脱穀したあとも、みんながいつも食べている白いお米になるまで、まだまだ手をかけなきゃならないんだ。

山本さんに聞きました!

農業は楽しいよ。今日はめいっぱい味わってね!

農業って大変なの?という質問がありましたね。大変といえば、大変です。だって、農業は自然といっしょにする仕事。その日の天気、その年の気候が作物にみんな関係してくるから、気が抜けません。たとえば田んぼなら、寒さから稲を守るために水を多くするなど、状況に合わせて水加減をしています。いつも同じようにはいかない。だから農業は毎年1年生なんです。でも、私にとって農業は最高に楽しい仕事。そのことを、息子にも伝えていきたいと思います。みなさんは、とにかく、思うぞんぶん楽しんでください。稲刈りをしたこと。新米を食べたこと。たくさんの思い出を持ち帰ってくださいね。

これがコンバイン

山本さんは農業が大好き!

さすが新米!

田んぼを前にいただきまーす!新米って、サイコー!

さあ、おまちかね!新米の炊きたてごはん登場!!今年の新米を食べるのは、山本さんもこの日が初めて。楽しみでもありドキドキする瞬間です。さっそく、アツアツの白いごはんをパクッ。おいしいー!!つやつやで、やわらかくて。ほどよい甘みが、ふわーっと口の中に広がります。いろんなものを食べた後だったけど、みんなペロリ。お父さん・お母さんも白いごはんの味わいに、改めて感動していました。山本さんも、今年の出来に思わずニッコリ。

収穫したお米はどうなる!?そのヒミツを発見!

ところで、脱穀したあとのお米がどうなるのか、気にならない?その謎を解きに、石狩にあるホクレンパールライス工場へ!脱穀してバラバラになった実から、皮を取り除いた玄米が、ここに集められるんだ。さて、そのあとがこの工場の仕事。まずは、石やゴミを取り除く。それから、玄米から米ぬかを取って精米し、冷ます。さらに、お米の色をチェックして、いらないものを取り除き、ようやく袋に詰めて、トラックで出荷。もちろん、安心・安全もしっかりチェック!収穫したお米はどうなる!?そのヒミツを発見!これだけの気の遠くなるような作業を、全部この工場でやっているんだ。ここまできて初めて、みんながいつも食べている白いお米になるんだよ。お米って、育てるときだけじゃなく、収穫してからも、とてつもなく手間がかかるんだ。大事に食べなくちゃね。

お米の探検だー!

楽しかった!また来たいね

おいしい思い出いっぱい。みなさんありがとう!

トウモロコシや新米のお米など、おみやげをたくさんいただきました。きれいなひまわりは、なんと肥料用なんだって。今回もいろんな発見ができたね。みなさん、どうもありがとう!今日のことを思い出しながら食べると、毎日のごはんがもっとおいしくなると思うよ。

楽しかった!また来たいね

| “農”感塾 TOP | レポート1 | レポート2 | レポート3 | レポート4 | レポート5 | レポート6 |