ホクレン“農”感塾 なるほど農業体験レポート1



パワフルなおいしさの秘密は
土のチカラを育てる農業のチカラ!?


ホクレンと農協観光では、みんなの食卓と深いつながりのある農業や酪農の現場を訪れて、
「農」と「食」を楽しく学ぶバスツアーを行っています。
今回は江別で、田植えとアスパラガスの収穫だ!

[ふきだし:キャラ マップのところ]江別はここだよ!

今回訪れた江別は、札幌から車で約40分のところにあるまち。お米はもちろん、小麦、大豆のほか、トウモロコシやブロッコリーをはじめとする野菜も多彩につくられ、酪農も行われています。江別の酒米でつくった日本酒、江別小麦の麺など、江別の農産物が地元の特産品として親しまれています。

9:40

味わいも、のびのびと元気な、
天然育ちのアスパラガス!

ようやく暖かくなった5月最後の日曜日、まずは旬のアスパラガスの収穫!加藤さんの農園におじゃましました。えっ、アスパラガスって、こんなに長いの?軽く大人の腰くらいまであるから、ビックリ。決まった長さで刈り取るのではなく、太陽や風にたっぷり当てて、のびのび育てるのが加藤さん流。さらに農薬も除草剤も使わない。なにもかも自然におまかせなんだ!試しに生でポリッ。甘い!とれたてというのもあるけれど、薬を使わない分、土ものびのびと元気だから、おいしいアスパラガスがとれるんだね。

甘くてジューシー!
加藤さんからのワンポイントアドバイス
	サラダだけじゃなくて、漬物もおいしいですよ!
さすが!加藤さん

サッとゆでたアスパラガスを、キュウリやカブなどといっしょに塩でもんで、「浅漬け」にして食べてみてください。アスパラガスの甘みが加わって、こぶ茶などのうま味を加えなくても、十分おいしく漬かります。同じようにサッと火を通したものを、麺つゆ(原液)に漬けると、お弁当のおかずやおつまみにピッタリの一品になりますよ。旬のアスパラガスをいろんな料理で楽しんでくださいね。

もっと知りたい、アスパラガスの魅力!きたやさい きたやさい百科
11:00

お米もボクらも元気にする、
土に隠された裏ワザ!

つぎは、田植え!山本さんの田んぼへゴー!!みんなが植えるお米は「ななつぼし」。冷めてもおいしい人気の品種です。山本さんの田んぼでは、このほかに、粘りのある「おぼろづき」やあっさり風味の「ほしのゆめ」など、さまざまなお米がつくられていて、どれも魅力あふれるおいしい品種なんだ。さらに、元気なお米に育てるために、土の元気を守るというのが、山本さんのこだわり。山本さんの田んぼでは、化学肥料や化学農薬を減らした、土にやさしい米づくりが行われているんだ。おいしくて、より安心できる元気なお米!ということは、ボクらのお米もそうなるってこと!!ますます力がわいてきたゾ!

ガッツリ植えよう!
北海道のお米にはどんな種類があるのかな?北海道のお米 北海道米の品種・商品
11:15

田植えのコツは、
苗も気持ちもまっすぐに!

苗を持って、はだしになったら、田んぼへ!冷たい?と思ったけど、意外とあったか。気持ちいい!「おいしくなあれと気持ちをこめて、苗が倒れないように一本一本まっすぐ立てて植えようね」と山本さん。元気で、安心なお米をつくる山本さんは、その思いをこめながら植えているんだね。足が抜けなくなった〜!なんて子もいたけれど、慣れてくると、どんどん仕事がはかどってきたね。みんなで植えた面積は約250m²、テニスコート(約260 m²)よりちょっと小さいくらい。なんと、ごはん茶碗約1900杯分のお米ができるんだって!

田植えってチョー楽しっ!
「北海道のお米づくりカレンダー」をチェック!北海道のお米 キッズサイト お米のひろば
13:00

これは、マジック!?
お米がお菓子にヘンシン!
おやつに
グー!

ドーン!と、突然、ものすごい音が…。そして、モクモクと白い煙!でも、なんだか香ばしい!!「“ドン”という、お米のお菓子です」と山本さん。ふくらんだアツアツのお米!食べると、サクサク!!生のお米を機械に入れて加熱して、圧力のかかったフタを一気に開けると、こんな風にふくらんでサクサクになるんだって!お米って、炊くだけじゃないんだ。山本さんが、砂糖をとかした蜜(みつ)をかけてくれました。甘い香りがたまらない!あ〜、止まらない!!

ウワァーッ!
山本さんからの
ワンポイントアドバイス

農家とみなさんとの連携プレーで
お米はおいしくなれるんです。
オッケー!
やってみるね!

米づくりは、苗の準備から収穫まで半年以上。健康な土づくり、寒さから守る水加減など、おいしく、おいしく実るように努力を重ねています。でも、最後の仕上げは、みなさんの力が必要なんです。お米は鮮度がいのち。1ヵ月くらいで食べ切れる量を買ってください。できたら、お米屋さんなどで精米したてを買うのがベストです。おいしさを守るために、私たちは、貯蔵温度にも気を配っています。お米の保存は15℃以下ですよ。お家では、お米をペットボトルに入れて冷蔵庫で保存してくださいね。

お米をおいしく食べるコツ!
ホクレンパールライス 知るほどおいしいお米の話
「くるるの杜」でも農業体験や調理加工体験が楽しめるよ!