ホクレン“農”感塾 なるほど農業体験レポート5




稲刈りで大発見!
白いごはんは、ごちそう!?


ホクレンと農協観光では、みんなの食卓と深いつながりのある農業や酪農の現場を訪れて、
「農」と「食」を楽しく学ぶバスツアーを行っています。
今回は江別で、稲刈りとトウモロコシの収穫だ!

今回訪れた江別は、札幌から車で約40分のところにあるまち。お米はもちろん、小麦、大豆のほか、トウモロコシやブロッコリーをはじめとする野菜も多彩につくられ、酪農も行われています。江別の酒米でつくった日本酒、江別小麦の麺など、江別の農産物が地元の特産品として親しまれています。

江別はここだよ!
10:00

台風が来たって、
おいしさは負けないぜ!
大事にたべようね

9月最後の土曜日、収穫シーズンを迎えた江別へ出発!トウモロコシの収穫に訪れたのは、5月にアスパラガスの収穫でもお世話になった加藤さんの農園。さっそく畑へ行って、ビックリ!トウモロコシが倒れてる…。この週のはじめに来た台風のせいだ。「倒れても、おいしく実っていますよ。トウモロコシは、がんばって生きているんです」と加藤さん。先まで実が入っていないなど多少の問題はあっても、甘さは十分!台風に倒されても、土からいっしょうけんめい栄養を吸収しているんだ。少しくらいカタチが悪くても、大事に食べてあげたいね。

トウモロコシもがんばったね!
加藤さんからの
ワンポイントアドバイス

ゆでたり、焼いたり、お料理にしたり。
おいしい食べ方、見つけてくださいね。

ゆで加減は、火を止めるタイミングが大事。ゆで上がるまで、その場を離れないのがポイントです。私は、水からゆでて、沸騰してから3分で火を止めます。ゆでたトウモロコシを厚手のフライパンで焦げ目がつくまで強火で焼くのもおすすめです。香ばしい焼きトウモロコシがお家でも楽しめますよ。そのほかポテトサラダやハンバーグに入れたり、カレーのトッピングにしたり、かき揚げにしたり、いろんなお料理に活用しています。甘みが加わり、彩りもよくなりますよ。

まだまだあるよ、トウモロコシの魅力!
きたやさい きたやさい百科
11:30

それっ、稲刈りだ!
お米の大切さも大収穫!?
たくさん
とれたね!

つぎは、春に「ななつぼし」の苗を植えた、山本さんの田んぼへ!うわーっ!一面に広がる田んぼは、みごとな黄金色。稲穂が重たそうにたれているのは、しっかり実った証拠だ。苗はあんなに小さかったのに、茎が増えて穂がいっぱい!背丈も稲刈りするみんなが隠れてしまうくらい!うれしくて、楽しくて、刈っても刈ってもやめられない!!「田んぼに落ちている穂はないかな?ひと粒ひと粒大切に育てたお米だから、残さずにひろってね」と山本さん。苗づくりから半年、手間ひまをかけてつくるお米。ひと粒だってムダにしたくないよね。この気持ち、収穫のよろこびとともにずっと忘れないでいようね。

りっぱに
実ったね!
北海道のお米のことがさらによく分かるよ!
北海道のお米 キッズサイト お米のひろば
12:10

白いごはんだけで、
ごはんが進む!?
新米
おいしそー!

夢中で稲刈りしたら、お腹がすいたね。「お昼ごはんは、みんなが刈り取ったお米と同じ「ななつぼし」です。数日前に収穫したばかりの新米ですよ」と山本さん。いただきまーす!炊きたてごはんでつくった、真っ白なおにぎり。ガブッとほおばると、お米の甘みがじんわりと口の中に広がるね。のりも具もないけれど、 その分お米の味が分かるんだ。あっという間に1個をペロリ。さあ、おかわり!おかわり!白いごはんだけで、こんなにおいしいなんて、さすが新米!!田んぼに入って実ったお米を刈り取った感動が、ごはんをますますおいしくしているのかもしれないね。

お米って
こんなに
甘いんだね!
北海道の新米をいろんなメニューで楽しもう!
北海道のお米 お米レシピ
斉藤さん・小山田さんからの
ワンポイントアドバイス

ピーマンをまるごと焼くと、
タネまで食べられますよ!

一口にお米といっても、北海道のお米はさまざまな種類があるんです。うちの田んぼだけでも、「おぼろづき」「ななつぼし」「ほしのゆめ」「あやひめ」、酒米の「彗星」をつくっています。さらに、私たちは化学農薬や化学肥料を抑え、土づくりからこだわった米づくりをしています。私たちに限らず、生産者それぞれこだわりをもってつくっているはずです。品種や産地、育て方などにこだわって選ぶと、北海道のお米の魅力がより実感できると思います。

15:00

チェックの連続!
お米の世界って厳しい!?
なるほど!
勉強になるね

午後は、石狩にある精米工場「ホクレンパールライスファンファクトリー」を見学。工場では、精米するだけでなく、お米以外のものが混じっていないかどうか、さまざまな方法で何重にもチェックしているんだ。まず、風の力や磁石の力で未熟なお米や金属・砂鉄などを取り除き、続いて、石抜き機で小石などを取り除く。精米のあと、光を使ってさらにきめ細かくチェック!やっぱり、袋詰めの前にもチェック!しつこいようだけど、袋詰めのあともチェックして、合格したら、ようやく出荷!!安全・安心なお米を食べてほしい。農家さんも、精米工場も、その思いはおなじ。田んぼから出荷まで、お米は厳しい目でしっかりと守られているんだ。

しっかり
チェック!
安全・安心なお米が出荷されるまでを見てみよう!
ホクレンパールライス パールライスの安全・安心
ホクレンパールライス ファンファクトリー
大江さん・小西さんからの
ワンポイントアドバイス

毎日食べるお米のことだから、
小さなうちから楽しく学びましょう。

毎日あたりまえのように食べているごはんですが、安全・安心でおいしいお米をお届けするために、田んぼでも、精米工場でも、たくさんの手間ひまをかけています。「ホクレンパールライスファンファクトリー」は、精米から出荷されるまでの過程を中心に、田んぼの一年やお米の歴史などを楽しみながら学んでいただける施設。小さいうちから、お米の知識を身につけて、毎日のごはんを大切に食べてもらえたらうれしいです。

「くるるの杜」でも農業体験や調理加工体験が楽しめるよ!